Googleマイビジネスの登録・設定方法をどこよりも分かり易く【図解】

Webマーケティング
スポンサーリンク

飲食店で広告の営業をしている白米大好き芸人の備忘録です。

今回はタイトル通り、MEO対策を行う際に登録が必須となる「Googleマイビジネス」の設定方法を出来る限り分かり易い図解していこうという記事になっております。

この記事を読むのに必要な時間:7分

GoogleマイビジネスでのMEO対策をご覧になりたい方は以下のリンクから↓

スポンサーリンク

【Googleマイビジネス登録①】Googleアカウントを作成しよう!

Googleアカウントを持たれている方はこのGoogleマイビジネス登録①はすっ飛ばしていただいてOKです。

まずはお手持ちのパソコンまたはスマートフォン、タブレット端末からGoogleのTOPページを開き、右上のログインをクリック

次の画面では「その他設定」を選択

次は個人情報の登録を行っていきます。入力が済んだら「次へ」をクリック

※既に使われているアドレスを入力して「次へ」を押した場合は赤字で既に使われています。と出るはずなので別のアドレスを入れましょう

そのまま登録を進めていくと、本人確認の画面になります。

希望の確認方法を入力し、「次へ」をクリック

スマホの場合のおすすめはSMSによるコード送信です。電話番号であればほぼ確実にコードが送られてくるのでストレスなく登録を進めることが出来ると思います。

次の画面では、届いたパスコードを入力します

これが完了するとGoogleアカウントが完成しました。

お疲れ様です。

【Googleマイビジネス登録①】Googleマイビジネスにオーナー登録!自分の飲食店のビジネスページを作ろう!

それでは早速Googleマイビジネスへの登録を進めていこう。

すでにマイビジネスページが存在する場合、しない場合で確認をしていきますね。

基本的に飲食店であればオープンしてすぐでなければ一般ユーザーが勝手に登録してくれている可能性は高いです。

※ユーザーが自由に情報を変更できてしまうから事オーナー登録をしていく必要があります。

自店の屋号を検索してもマイビジネスページが存在していない場合

まずGoogleトップにいき、画像の部分をクリック

このように右側に「マイビジネス」をクリック

店舗の屋号を入力し、次へ進んでください

※ここで入れた屋号も後で変更できます

そのまますすめていくと、オーナー登録の画面になります

※オーナー登録は住所にハガキを郵送か、電話で暗証コードを教えてもらえる方法を選べますが、初めて登録する場合はハガキしか選べないことがあります。

自店の屋号を検索してマイビジネスページが出てくる場合

「このビジネスのオーナーですか?」からオーナー登録を進めよう。

※知り合いや業者がオーナー権限を管理している場合もあります。オーナー権限申請1週間以内に、現在の所有者から許可や拒否などアクションがない場合、申請した自分が所有者になります。

【Googleマイビジネス登録③】マイビジネスページ作成のポイントまとめ!

Googleアカウントを作る

屋号を検索して、既にページがあるかチェック

存在しない場合はビジネスの作成

存在する場合はオーナー登録

上記4点をそれぞれチェックして、Googleマイビジネスの登録を進めてください!

できる限り簡潔に、画像で図解しながらGoogleアカウント登録方法とマイビジネスのオーナー登録を説明したつもりです。

それでは!

マイビジネスを活用したMEO対策に進まれる方は以下からどうぞ!

【飲食店MEO対策】GoogleMAPで上位表示して集客をする
飲食店で広告の営業をしている白米大好き芸人の備忘録です。堅苦しい感じは苦手ですので、多少カジュアルに感じられてしまう文体や表現もあるかもしれませんが御容赦ください。読むのに必要な時間:5分間今回は日本において、実に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました